女らしい雰囲気を醸し出す色無地の着物

色無地の着物とは、一色で染めた柄のない着物のことです。茶道などでよく着られ、お宮参りや七五三などの行事において母親が着る機会が多い着物です。卒業式では袴と合わせたり、冠婚葬祭の慶弔両場面で用いることができ、着物の中では比較的さまざまな場面で着ることができます。色無地と言ってもまったく模様の入っていないものと、地紋と呼ばれる生地そのものに織られた、もしくは染められた紋様があるものと2種類あります。柄や刺繍をふんだんに使った振袖や訪問着などに比べると、色無地は全体的には控え目で上品な印象があり、だからこそお茶席や付き添いの親が着るに相応しい着物と考えられているのでしょう。そのシンプルさから、現代の街中の風景にもなじみやすく、品のある女性らしさを出すことのできる着物と言えます。

色無地は付いている紋で格が決まる

着物に入れる紋は、一つ紋、三つ紋、五つ紋とあり、数が多いほど格が上がります。色無地に一つ紋を入れると正式なお茶会や結婚式に着られる略礼装になります。三つ紋を入れると準礼装となり、紋のない訪問着よりも格が上がります。五つ紋はかなりあらたまった席で着られる式服です。一般的には、色無地に紋をつけるなら一つ紋か三つ紋となりますが、三つ紋の場合、格が上がり過ぎて着ていく場所が限られるため、一つ紋にして活用範囲を広くしておくこともあるようです。レンタル着物などでは一つ紋の色無地が用意されていることが多く、それだけ出番も多いということなのでしょう。それなりにきちんとした場で色無地を着るなら、初心者には一つ紋くらいが無難そうです。また、紋が全く無ければ、普段着、おしゃれ着としても着ることができます。

コーディネート次第でいろいろな場に

色無地の良いところは、面積の多い着物を無地で控え目におさえているため、合わせる帯次第でさまざまに雰囲気を変えることができる点です。例えば一つ紋の色無地に金糸や銀糸の入った豪華な帯を合わせると、結婚式や祝賀会など華やかな場にふさわしい装いになります。同じ着物に落ち着いた色合いの帯を合わせれば、場の雰囲気になじむ必要のある茶道などのお稽古事や、入学式、結婚式にも重宝されます。そして、モダンでシックな色合いの色無地に同系色の帯を合わせれば、都会の空気にも浮かない落ち着いた品性のある着物姿を演出することが出来ます。このように色無地の着物は、出番も多くコーディネイトも洋服の感覚と近いのでしやすい、初心者だけどスマートに着物を着こなしたい初心者が失敗しない着物と言えるのではないでしょうか。