色無地の着物について学びましょう

色無地とは、白生地を黒以外の色で染めた模様のいっさい無い着物のことです。染め柄はありませんが紋の付け方、帯とのくみ合わせ方でバリエーションが増えて、色々なシーンに一枚で大活躍の便利な着物です。元となる生地によっては一枚の着物で数回の染め直しができるため、年を重ねても楽しめます。染め柄のない一色のものでも、一色染めと濃淡の染めがあって裾に行くほど濃く染めるものを裾染といい無地ぼかしとして人気があります。染め柄がないため季節を意識することがなく、着る時期を限定されることがありません。色無地は染め柄のない一色染めのためえらぶ時の基準は、地紋と地色になります。一越縮緬や古代縮緬など地紋のない生地と綸子や紋意匠のように地紋のあるものとにわかれます。

色無地は紋入りでさらに広がる着用

色無地は着物に染め柄がないので、紋のあるなしで着物の格がまったく変わってきます。紋の数は五つ、三つ、一つの三種類があります。数が多い方が格が上になります。そのため黒留め袖は五つ紋が入っているので既婚女性の最高の品格のある着物になります。一つ紋、三つ紋を入れた黒紋付きの羽織りは、色無地の上に羽織れてとても便利です。紋をつけない色無地は街着感覚で手軽に着られますが、一つ紋をつけると正式なお茶会、色祝賀会など略式礼服はなります。正式なお茶会は三つ紋ですが、三つ紋までつけると着る場所が限定されてしまいます。帯あわせや羽織りなどで格調が変えられるため、一つ紋の色無地が人気です。または地色のしぶい色無地の一つ紋は、法事、通夜、お葬式などにも着用できて便利です。この場合は、ダークカラーの帯をあわせましょう。

色無地のコーディネートのポイント

色無地は帯のあわせ方により、あらゆるシーンに対応ができます。あわせる帯や小物のコーディネートで、見違えるほど印象が変わります。主に色無地にあわせる帯は、袋帯と名古屋帯が一般的です。街着感覚の紋なしの色無地には、半幅帯や名古屋帯が向いています。紋なしでも格調を上げたい時は、袋帯とあわせおしゃれな絵柄がおすすめです。紋入りの色無地は金糸銀糸の入った格の高い織りの名古屋帯、または吉祥模様の袋帯などとあわせます。お茶会には、格のある織りの名古屋帯や古典的で上品な絵柄の袋帯とあわせると素敵です。基本的な組み合わせであらたまった場所では、二重太鼓になる袋帯、気軽なお出かけでは一重太鼓の名古屋帯になります。色無地の小物選びのポイントは、訪問着、付け下げなどに比べて控えめな品格のあるものがぐっと引き立ちます。