色無地は、黒以外の一色を使って着物全体を染め上げたものです。色無地に使う生地は素無地という地紋の無い生地と紋生地という地紋のある生地とがあります。色無地に家紋をつけることで礼装格となり、冠婚葬祭に使うこともできます。紋をつけないのであれば、普段着のおしゃれ着として帯や半襟で着こなしを楽しむことができます。紋を入れない色無地では、観劇やお稽古などのお出かけの時に、柄のある半襟や個性的な柄の帯を組み合わせます。無地であってもこの半襟や帯によって、とても華やかな装いとなります。お友達との差をつけることは間違いありません。色無地はシンプルだからこそ、コーディネイトを覚える格好の機会になります。仰々しくない一つ紋を付けて置けば、大抵の場面に自信を持って着られる着物です。

一枚もつなら色無地をといわれるわけ

家紋を入れたなら、準礼装から礼装にまで使うことができるようになります。例えば一つ紋を入れた色無地を、大学の卒業式のために作ったとします。卒業式には袴に合わせる長着となり、華やかな丸帯を合わせると友人の結婚式などに、黒い帯を合わせることで法事に、また丸帯をお太鼓に結べば子供のお宮参りにと様々な場面に利用することができます。それから子供の入学式や卒業式と、一生涯着られる一枚になるのです。色無地は若い時に娘らしい明るい色で染め、年齢を重ねることで落ち着いた色に染め替えることができるのです。着物には悉皆という加工技術があり、素無地の色無地ならば染め替えるだけでなく、柄を描き足し、金銀箔を置くことも可能です。一枚持つならといわれる所以は、こうした変化のつけやすさからきています。

帯を変えればどんな場所でも使える

礼装に色無地を使う場合、袋帯を締めます。結婚式ならば、西陣織りの金糸銀糸を織り込んだ豪華な袋帯を合わせます。柄も吉祥文様などの慶事に相応しい文様で、着付けは変わり文庫かふくら雀など華やかに見える飾り結びにします。この装いであれば、結納などのお祝いごとも出席できます。一方、法事などには色無地の色が寒色系のものに、黒い帯を締めると準喪服となります。この際草履などの小物も黒や暗色にします。周年数が多い回忌であれば、寒色系以外の色無地でも黒の帯を締めていれば許されます。華やかな外出の場合は、格式の高い錦織りの名古屋帯を締めていればお茶会にも使うことができます。この時、派手にならず、季節感のある柄で風流を楽しむようにしましす。色無地は帯が目立つので、錦の変わり織りの個性的なもので遊ぶこともできます。