着物には振袖や留袖など沢山種類があって普段着用しない人にはちんぷんかんぷんという人もいるでしょう。その中で色無地は、一目見れば大体見当がつくものです。色無地は略礼装の着物として用いられ、模様がなく黒以外の一色で染め上げられている木ものです。用途としては、改まった外出や入学式・卒業式で母親が着用します。また、色合いによっては慶弔用にも着用できますから便利です。もっと言えばパーティーなどの訪問着の代わりにも着て行ける着物なので、色無地は一枚はあってもいいものです。その中で五つ紋は礼装用に、そして一つ紋の縫い紋は略礼装として着ることも可能です。このように紋を入れたりその数によって、用途を使い分けることが出来るのも着物のいいところなのです。

着物につける紋の種類とその意味は

一般に色無地は、一つ紋を入れると正式なお茶会やお食事会用の略礼装になります。三つ紋なら準礼装になりますから、無紋の訪問着・付け下げよりも格調が高くなります。どうしても改まった場に着て行きたいなら一つ紋以上のものがおすすめです。着物は主役をうまく引き立たせてくれるものですから、派手なものより品格のあるものが好まれます。特に茶道では、色無地は柄のない分お茶の道具を引き立たてますから重宝されます。もし色無地に紋がなければ普段着として活用できますから、帯や小物の組み合わせでアレンジがききます。このアレンジひとつでガラリとイメージが変わりますから、決して年配者向けの着物というわけではありません。何にでも活用出来るところが色無地のメリットで、万能選手といったところです。

色無地を選ぶときに注意が必要なこととは

そこで色無地を選ぶときにぜひ気を付けたいことがあります。それは自分にとって似合う色が、必ずしも自分の好きな色とは限らないことです。色無地は紋がなければ子供の行事やお出掛けに、気軽に着て行けるものです。しかし、若々しく演出しようとしてド派手な色を選んだり、何だかパッとしない色を選ぶと残念なことになりますから気をつけましょう。色無地は柄が入っていないので、帯が最も美しく見える着物でもあります。帯や小物をどう使いこなすかがカギになりますから、ここはじっくり考えたいものです。ついでに子供のお宮参りなど華やかな場では、思い切って髪型や半襟で勝負することも可能です。色無地では、柄のない分生地が大事ですから、覚えておきましょう。地紋のない一越縮緬・古代縮緬や、地紋のある綸子や紋意匠などの生地が一般的です。ただ凶事には、動く度に浮き上がる吉祥紋の地紋は使えませんが、慶弔共に波紋や雲取り紋なら望ましいです。