振袖と言えば成人式などによく着られる着物です。未婚女性の着る着物の中では最も格式が高いとされ、他の着物にはない長い袖が特徴です。この長い袖は飛鳥時代、人々が袖を振って愛の告白をしたためと言われています。若い女性にとって成人式や結婚式の出席などに欠かせない振袖ですが、あの振袖特有の派手さに少し気後れしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。それはおそらく現代の洋服に比べて、振袖は多色使いだからでしょう。豪華絢爛な紋様に金銀の帯は洋服の感覚とは大いに異なるものかもしれません。しかし、振袖にも色無地のものがあることをご存知でしょうか。色無地のように一色で染められた着物は、ワンピースに近い感覚で着こなすことができ、多くの着物姿が見られる場所ではかえって新鮮に映る場合もあります。おしゃれは引き算なんて言いますので、色無地の振袖という選択肢があることを知っておくのもいいかもしれません。

色無地の留袖、色留袖とはどのようなものでしょう

留袖と言えば、一般的に黒の地色に金銀さまざまな模様のついた着物です。既婚女性の第一礼装とされ、結婚式の場で新郎新婦の母親や親族の女性が着ることが多く、紋が入っていることも特徴の一つです。黒い色の印象が強い留袖ですが、その他の色を使った色留袖と呼ばれるものもあります。色留袖は、色無地の留袖のことで、黒よりは少しだけカジュアルになりますが、それでも紋つきの立派な正装です。新郎新婦の伯母や姉妹が着ることは何の問題もありません。親族が黒留袖一色というのもそれはそれで迫力があり、きりりとした美しさがありますが、淡いブルーやピンクの色留袖も、結婚式の参列者にふさわしい上品な華やかさを出してくれます。既婚未婚問わず、さまざまな年代の人が着ることが出来るのが色留袖なのです。

着物初心者が羽織を選ぶにあたって

羽織とは女性の着物では、着物の上から着るコートのようなもののことです。道行や道中着と言われるその他の着物用コートと異なり、室内に入っても脱ぐ必要はなく、防寒用のカーディガンのような存在です。羽織は、着ると着物の帯を隠し、また室内で脱ぐ必要もないので、少し帯結びに自信のない時でも安心です。逆に帯を見せたいときは脱ぐこともできます。このように、春のさくら見物や秋の紅葉狩りなど、寒暖調整に欠かすことのできない便利な羽織ですが、着物とのコーディネートは少し迷う方も多いかもしれません。色合わせはもちろんのこと、羽織に柄があれば着物の柄との相性を考えなければなりません。ですので、きもの初心者の方は色無地の羽織が無難ですが合わせやすいといえます。洋服でもコートの柄物は少し難しいように、羽織もまずは色無地から始めるとスムーズにコーディネートできそうです。