おすすめ6選☆ジュニアテニススクール

トップページ > ジュニアテニススクール情報 > 自分に合ったジュニアテニススクールを見つけるために

自分に合ったジュニアテニススクールを見つけるために

ジュニアテニススクールではテニスラケットを一人で構えられる34歳くらいの子どもから対象にしていて、小学生や中学生まで指導しています。
低年齢からテニスを始めることで早い時期に技術が習得できるようになり、定期的に運動を続けることで体も鍛えられていきます。
ジュニアテニスで得られるものは、体力的なことだけでなく精神面にも大きな影響を及ぼします。
例えば一緒に練習をする仲間と協力して何かを成し遂げていくことや、コーチに対するマナーや礼儀などもテニスを通して学べます。
またジュニアテニススクールでは、年齢に応じてテニスに慣れながら運動能力を鍛えることができるようにクラスが設定されていて、テニスが楽しいという気持ちや体力の維持だけでなくがんばる気持ちを保ち、時にはスポーツの厳しさも体験できるクラスもあります。
そしてテストを受けながらよりを実力アップさせることを目的にしているクラスもあり、それぞれの目標に向かって努力ができるよう工夫されています。


ジュニアテニススクールを選ぶのには、継続して通えるような特徴があるスクールを見つけることが大切です。
まず通いやすさを調べます。
レッスンにはたいてい週12回参加することになりますが、子どもだけで通える場所なのか、親が送り迎えをするなら駐車場が確保されているかなどを事前に調べます。
また費用も大切です。
ジュニアテニススクールでは月々のレッスン料に加えて施設料などがかかることもあります。
毎月総額でいくらかかるかを考え、無理なく続けていけるか計算をしておきます。
そしてテニスコートが屋外なのか屋内なのかも大切です。
屋内であれば、天候の影響もなく、練習中も快適に過ごせる環境が整っています。
屋外だと自然の影響を受けながら練習をするので、外で試合をするときと同じような環境で練習ができます。
一般的には、屋外のスクールの方が費用が安くなります。


ジュニアテニススクールに長く通い続けるためには、どのような便利な制度があるかも確認しておきます。
スクールでは無料体験レッスンを実施しているところが多くあります。
実際にやってみると始める前の不安な気持ちが消えて、これからがんばりたいという前向きな気持ちが湧いてその後のモチベーションも維持できます。
またテニススクールによっては振替制度が設けられています。
これがあると体調不良や都合が悪いために欠席する場合に、別の曜日に振替レッスンが受けられます。
これなら万が一欠席しても、周りと大きな実力の差が生まれずにテニスが上手になります。
そして自宅から行きやすい場所にスクールがあるのかも調べます。
行きやすい場所にあると通い続けたいという気持ちを継続しやすく、上達にも繋がります。

カテゴリー